リフォーム施工事例・費用

長く使えるように耐久性にこだわったキッチン・浴室・洗面所のリフォーム|栗東市

  • 水回り
  • 洗面
  • キッチン
  • お風呂
  • 一戸建て
住宅タイプ:
一戸建て
築年数:
約25年
地域:
栗東市
施主:
M様邸
50代

BEFORE

Before画像

AFTER

After画像

BEFORE

Before画像

AFTER

After画像

BEFORE

Before画像

AFTER

After画像
商品名
キッチン/タカラスタンダード・トレーシア
浴室/タカラスタンダード・レラージュ
洗面/LIXIL・L.C 1200
工期
2週間
費用
310万円

お客さまの声

「キッチンの収納量が増えました。」
「キッチンの台に段差がなくなったので、広々と使えるようになりました。」
「お風呂の窓がなくなっても違和感がなく、お手入れが楽になりました。」
「給湯器の温度を変えたのかと思うほど、浴槽の温度が下がらず快適です。」

栗東市にお住まいのM様邸にて、キッチン・浴室・洗面所のリフォームを行いましたのでご紹介します。

 

築25年以上経っていたM様邸。

10年程前に洗面台を交換され、5年程前には浴室に浴室暖房乾燥機を設置されていましたが、今回メンテナンスをされるタイミングで水回りリフォームのご相談をいただきました。

 

お手入れのしやすさと耐久性を重視したキッチンリフォーム

リフォーム前のキッチン

キッチンbefore1

キッチンbefore2

こちらは、リフォーム前のキッチンです。

キッチンの形状が少し変わっていて、シンク下の通常なら引き出し収納があるところが凹んでいたり、シンクの台に比べてコンロの台が1段下がっていたりしました。

 

ワークトップやシンク・コンロ周りの壁はステンレス素材になっています。

キッチンbefore3

システムキッチンの入れ替えにあたっては、「吊り戸棚を再利用したい」とおっしゃっていました。

 

リフォーム後のキッチン

キッチンafter1

こちらはリフォーム後のキッチンで、「タカラスタンダード・トレーシア」です。

リフォーム前と同じ幅、かつ吊り戸棚と似たような色味のシステムキッチンをご自身でも探され、こちらを選ばれました。

 

キッチンカウンターの高さは、リフォーム前と同じ85㎝です。

当初は「シンクの高さを上げたい」とおっしゃっていたのですが、リフォームをするとワークトップが一体になるので、シンクをリフォーム前と同じ高さにしてもコンロの高さが10㎝程度高くなってしまいます。

その点をお伝えして、ご相談させていただきました。

キッチンafter5

こちらのシステムキッチンは、キッチンパネルや収納扉・引き出しの中にもホーローが使われているのが特徴で、水ハネや油汚れを落としやすく、耐久性もあります。

キッチンパネルは、お手入れが楽になるように、コンロ右側のスパイスラックのところまで幅広く設置しました。

 

また、収納は開き扉から引き出しに変わり、さらにシンク下の引き出し収納も増えたので、調理器具等をたっぷりと収納することができるようになりました。

キッチンafter3

こちらはアクリル人造大理石のシンクで、料理がはかどる“家事らくシンク”です。

油汚れなどの掃除が楽なだけでなく、シンクの高さを活用して、シンク上にスライドまな板をのせて食材を切ったり、水切りプレートで水切りをしたりすることができます。

 

また、水栓の右横にはゴミポケットも付いているので、野菜カスなどを捨てる時にも便利です。

キッチンafter4

ガスコンロも、タカラスタンダードです。

ワークトップと合わせた白色で、明るくやわらかい雰囲気を演出しました。

 

長く使えるように耐久性を考えた浴室リフォーム

リフォーム前の浴室

浴室before1

浴室before2

こちらは、リフォーム前の浴室です。

シンプルなデザインのシステムバスで、縦長の鏡やシャンプーボトルなどを置けるオープンラック、カウンターなどが一通り揃っていました。

 

また、浴槽の横の壁には窓がありましたが、「お手入れが大変だ」とお悩みの様子でした。

浴室before3

天井に設置してあるのは、5年程前に新設した浴室暖房乾燥機です。

こちらはまだ使えるため、再利用することにしました。

 

リフォーム後の浴室

浴室after1

こちらは、リフォーム後の浴室です。

壁にはホーロー、床には磁器タイルが使われていて、耐久性が高いシステムバス『タカラスタンダード・レラージュ』を選びました。

 

ホーロー製の壁は“クリーン浴室パネル”と呼ばれ、シャンプーや石けんの飛び散り、皮脂汚れなども簡単に落とすことができます。

 

また、磁気タイルの床は傷が付きにくいので、ゴシゴシと掃除することもできますし、目地の数が少ない分、お手入れが楽です。

さらに、磁気タイルは熱が伝わりやすい特徴があるので、お湯をかけるだけですぐにあたたまりますし、保温材も使われているので、入浴時にヒヤっとせず快適に入浴することができます。

浴室after2

こちらの浴槽は、“キープクリーン浴槽”と呼ばれるものです。

アクリル人造大理石の浴槽で、一般的なFRP浴槽に比べて表面がなめらか、かつ汚れを落としやすいのが特徴です。

 

浴槽の横の壁と、浴槽の中には手すりを取り付けました。

浴室after3

鏡がある面の壁は、今年2月に出た新柄のテラゾーホワイトです。

 

リフォーム前にあった窓は、屋外から見ると変わらずある状態なのですが、システムバスの入れ替えの際にパネルで覆う形で閉じました。

 

突き出してしまっていた洗面台をスペースに合わせて入れ替え

リフォーム前の洗面所

洗面所before1

こちらは、リフォーム前の洗面所です。

洗面台は10年程前に一度交換されていましたが、浴室・キッチンと同時にリフォームをさせていただくことになりました。

 

洗面台は120㎝と広く、洗面ボウルとカウンターの間には段差があり変わった形をしています。

奥行は55㎝程でしたが、壁から浴室の扉側に台が少し突き出してしまっている状態でした。

 

リフォーム後の洗面所

洗面所after1

こちらはリフォーム後の洗面台で、『LIXIL・L.C 1200』です。

グレードの高い洗面台の中から、以前と同じ120cmのカウンターで、奥行は壁に収まる50 cmのものを選びました。

 

タッチレスの自動水栓で上から水が出るようになっているので、水栓まわりに水がたまりにくく掃除がしやすいです。

 

また、ミラーキャビネットの下は手前に開くようになっていて、小物が入る収納スペースになっています。

洗面所after2

こちらは、洗面所から浴室を見た様子です。

 

内装や構造にもこだわりを持っていらっしゃり、壁や天井・床には羽目板が多く使われていたM様邸。

 

通常ですと、ユニットバスの入れ替えの際に、浴室と洗面所の間の壁をやり替える必要があり、他社様にご相談された際も壁を触らないのは難しいと言われたそうですが、できる限り羽目板を触らないようにドアの位置を揃えて工事を行わせていただきました。

 

まとめ

以上、M様邸のキッチン・浴室・洗面所のリフォーム事例をご紹介しました。

 

「キッチンの収納量が増えた」

「給湯器の温度を変えたのかと思うほど、浴槽の温度が下がらず快適」

などと、リフォーム箇所について喜びの声をいただきました。

 

LIXILリフォームショップクサネンは、滋賀県で一戸建てリフォーム・マンションリフォームを行っております。

水回りのリフォームもぜひお任せください。

ご相談、お見積りはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 0120-150-932 お電話でのお問い合わせ 0120-150-932

受付時間:10:00~17:00 定休日:月曜・祝日・第2日曜

対応エリア

滋賀県
栗東市、草津市、守山市、湖南市(一部)、野洲市(一部)、大津市(瀬田エリア)

滋賀県マップ内のオレンジの範囲が、施工可能地域となります。対応エリア外でも施工可能な場合もございますので、お気軽にお問合せください。

LIXILリフォームショップクサネン
〒520-3015 滋賀県栗東市安養寺8-7-26
電話番号
:0120-150-932
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜日、祝日、第2日曜日、
夏季休暇、年末年始
株式会社クサネン 本社
〒525-0041 滋賀県草津市青地町138番地
お客様専用ダイヤル:
0120-417-932
月曜~土曜(日・祝日を除く)9:00~17:00
対応エリアマップ