リフォーム施工事例・費用

一戸建て(実家)を北欧風にフルリフォーム | 想い出のミシン台を捨てずにリメイク

  • 洗面
  • キッチン
  • お風呂
  • トイレ
  • 内装工事
  • 外壁塗装
  • 屋根塗装
  • 一戸建て
住宅タイプ:
一戸建て
築年数:
37年
地域:
草津市
施主:
Y様邸
40代

BEFORE

Before画像

AFTER

After画像

BEFORE

Before画像

AFTER

After画像
商品名
フルリフォーム / 内部+外部サイディングと屋根葺き替え
【以下、各設備】
キッチン / LIXIL「アレスタ」
お風呂 / LIXIL「アライズ1616 (1坪タイプ)」
洗面化粧台 / LIXIL「ピアラ」W750mm
トイレ / LIXIL「サティス (タンクレスタイプ)」
その他 / エコカラット・レッドシダー(板張り)・ガラスブロック等
工期
3ヶ月
費用
2300万円

滋賀県草津市にお住まいのY様(40代)より、「昔、両親と暮らしていた実家を相続し、住み替えることになったのでフルリフォームしたいです。生前の両親の姿が思い起こされる物があるので、綺麗でまだ長く使えるものがあれば、残したいと思っています」と、ご相談がありました。

 

Y様と、Y様のご両親の想い出にあふれた一戸建て。築年数は37年とのことです。

建て替えではなく、フルリフォーム(全改装)を選ばれたのは、Y様がご両親を大切に思う気持ちがあってこそのこと。

当社リフォームスタッフ一同、その気持ちにしっかりお応えしたいと思いました。

古き良き日本家屋の面影が色濃く残る、フルリフォーム前の一戸建て

リフォーム前のキッチン

こちらは、フルリフォーム前のキッチン・ダイニングです。ご両親が大切に扱われていたのか、故障箇所や目立つ汚れはありませんでした。

しいて言うなら、キッチンとダイニングがせっかく一緒になっているのに、キッチンが壁付けタイプなので、ダイニングにいる家族に背を向けて料理をしなくてはいけないことが、少し寂しくはあるところです。

 

Y様の奥様からは、「隣のリビングとの壁をなくして広いLDKに変え、対面式のオープンキッチンにしたいです」とのご希望がありました。

 

 

フルリフォーム前の和室

こちらは、フルリフォーム前の和室です。鴨居の上の土壁や天井の板張りに、和の趣を強く感じました。

 

 

フルリフォーム前の玄関・廊下

玄関から見る、フルリフォーム前のお家の風景。「うちの実家もこんな感じ!」という人が、多いのではないでしょうか。

 

写真には写っていないお部屋にも共通しているのですが、全体的に“茶色”が占める割合が多いです。

アクセントカラーやパターンをきかせて、粋なメリハリを付けることが流行りの現代住宅との内装とは、少々隔たりがありました。

お母様がよく使われていた、想い出のミシン台

リメイク前のミシン

今ではほとんど見かけなくなった、一体型のミシン台です。

ミシンは電動ではなく、足元のペダルを踏んで動かすタイプで、こうして傷みの少ない状態で残っているのは珍しいことでしょう。

 

Y様は、まだお母様がご健在だったころに、このミシンで縫物をしている後ろ姿をよく見ていたといいます。

今回のフルリフォームにあたって、この想い出深いミシン台は、処分せずにリメイクされることとなりました。

一戸建てフルリフォームのコンセプトは「北欧風」

フルリフォーム後のLDK

フルリフォームは、Y様の長年の憧れだったという“北欧風”をイメージして行いました。

「北欧風インテリア」の特徴は様々ありますが、今回のフルリフォームでは、ベースカラーに白やグレーを使ったことウッドテイストを巧みに取り入れたことなどが、北欧要素の強く出ている部分です。

 

広々と明るい空間に生まれ変わったLDKの天井は、“そういう柄のクロス”ではなく、本物の木を張っています。

 

 

フルリフォーム後の階段

2階に続く階段の壁にも、本物の木が使用されています。

一世一代と言ってもいいかもしれない大規模リフォームの機会、憧れの北欧風インテリアを叶えるのに妥協はしたくないとのことで、本物の木を使いました。

写真では伝わりにくいかもしれませんが、本物の木を使うことにより、クロスでは出せない高級感をプラスすることに成功しました。

 

 

フルリフォーム後の洋室

LDKと同じく、北欧をテーマに作られたナチュラルで上品な洋室です。

想い出のミシン台は、リメイクして電話台として活用

リメイク後のミシン

Y様の懐かしい想い出が詰まったミシン台は、もう使用しない機械部分を外し、横幅を調整して、北欧風インテリアに合うように彩色。

世界に1つしかない、新しいY様邸の電話台として活躍することになりました。

あえて残された足元のペダルやプーリーが、アンティークでとてもオシャレです。

フルリフォームにあたって一新された設備

フルリフォームということで、キッチンやトイレ、お風呂などの設備も一新されています。

いずれもやはりテーマは北欧風、シンプル&ナチュラルな佇まいを目指しています。

新しいトイレはタンクレスタイプ、無駄のないシンプルな空間が魅力

新しいトイレ

新しいトイレは、LIXIL「サティス」のタンクレスタイプ。

北欧風らしいウッドテイストは、手洗器下の収納扉でさりげなく取り入れられています。

新しいお風呂は「北欧」をアクセントパネルで取り入れた

新しいお風呂

新しいお風呂はLIXIL「アライズ」、北欧っぽさは木目調のアクセントパネルで取り入れました。

リフォーム前のお風呂が寒いタイル張りだったこともあり、システムバスになったことをとても喜んでくださいました。

新しいキッチンは、奥様憧れの「対面式」

新しいキッチン

新しいキッチンはLIXIL「アレスタ」

ダイニングやリビングを見渡すことが可能なオープンスタイルのキッチンは、Y様の長年の憧れでした。

「想い出は残したまま北欧風にフルリフォームできて嬉しい」とのお声

フルリフォーム後の玄関まわり

以上、Y様の想い出が詰まったご実家のフルリフォームの結果には、私たちも大変心を動かされました。

 

そこで、Y様と同じようにフルリフォームを検討されている人に、「フルリフォームをすればこんなに綺麗になるんだ!」、あるいは「昔の想い出もところどころ残したまま、住みやすくできるんだ!」と実感していただけるよう、当社『クサネン』の顧客様向けリフォーム現場見学会に、ご協力いただきました。

(フルリフォーム完成後の現場見学会についてご快諾くださり、誠にありがとうございました。)

 

フルリフォーム住宅の見学会に来てくださった顧客様からは、「階段やLDKの天井の板張りがすごくキレイ」、「キッチンの収納力が高い、自分の家もこんな風にしたいです」といったお声をいただきました。

そしてY様からは、「家族の想い出は残したまま、憧れだった北欧風の家に、イメージ通りフルリフォームできたので良かったです」と、嬉しいお声をいただいております。

 

 

滋賀県草津市で北欧風の一戸建てにフルリフォームするならLIXILリフォームショップクサネンにお任せください。

ご相談、お見積りはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 0120-150-932 お電話でのお問い合わせ 0120-150-932

受付時間:10:00~17:00 定休日:月曜・祝日・第2日曜

対応エリア

滋賀県
栗東市、草津市、守山市、湖南市(一部)、野洲市(一部)、大津市(瀬田エリア)

滋賀県マップ内のオレンジの範囲が、施工可能地域となります。対応エリア外でも施工可能な場合もございますので、お気軽にお問合せください。

LIXILリフォームショップクサネン
〒520-3015 滋賀県栗東市安養寺8-7-26
電話番号
:0120-150-932
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜日、祝日、第2日曜日、
夏季休暇、年末年始
株式会社クサネン 本社
〒525-0041 滋賀県草津市青地町138番地
お客様専用ダイヤル:
0120-417-932
月曜~土曜(日・祝日を除く)9:00~17:00
対応エリアマップ