リフォーム施工実績

築30年の戸建てを大規模リフォーム!靴のコレクションが収まるクロークが自慢

Before

Before画像

After

After画像

Before

Before画像

After

After画像

Before

Before画像

After

After画像

リフォームデータ

戸建て

地域 大津市施主 N様邸/ 60代

家族構成 ご夫婦

築年数 築30~39年リフォーム後の間取り -広さ -
工期
7週間
費用
710万円
商品

浴室/TOTO「シンラ」

洗面/TOTO「オクターブ」

キッチン/クリナップ「ステディア」

大津市の一戸建てに住むN様より、大規模リフォーム(お風呂・洗面・LDK・玄関)の依頼をいただきました。

築年数が経っていることもあり、前々から「リフォームをしたいなぁ」とお考えで、この夏に奥様が定年を迎えられることを機に、リフォームをご決断されたそうです。

リフォーム前の玄関・リビング・お風呂・洗面・キッチン

リフォーム前の玄関は靴が入りきらない

リフォーム前の玄関

こちらは、リフォーム前の玄関です。右側に位置する「LDKをできるだけ広く取りたい」というご要望があり、写真右側の茶色の収納をなくすことに決まりました。

また、写真左側に位置する和室は6帖ありますが、今は物置として使っている状態。ということで、6帖のうち半分の3帖を、「シューズクローク・納戸として使えれば」という話になりました。

ご夫婦ともに靴をたくさんコレクションしていらして、入らないぶんは外の物置のようなところに置いているので、広いシューズクロークがあれば全部収納できて便利だということです。

玄関と隣り合う和室は、物置として使っていた

リフォーム前のリビングからピアノを移動させ、広くしたい

リビングには、最近は全然使ってないピアノがありました。「これは違う部屋に持っていくことにして、LDKは広くしたい」とのご要望でした。

リフォーム前のお風呂は窓が「ガシャン!」と閉まって危ない 

リフォーム前のお風呂

リフォーム前のお風呂です。使い勝手はOKですが、窓に難点がありました。

経年劣化で「ガシャン!」と窓が落ちるように勢いよく閉まるため、指を挟んだりガラスが割れたりするおそれがあって危なく、交換したいとご希望でした。

リフォーム前の洗面は流し台が邪魔で洗濯機を壁寄せできない

リフォーム前の洗面所

洗濯機のドアが開けづらく、そもそも使わないので、洗濯機手前の流し台は撤去することに決まりました。

配線を調整すれば洗濯機を左寄せにできるので、そのぶん洗面台の幅を広げられます。

リフォーム前のキッチンの収納が開き戸タイプなのを変えたい

リフォーム前のカップボード

リフォーム前のカップボード(家電置き場・食器棚)です。テレビを置いている収納棚を移動させ、不要な壁を取り除いて、より便利で広いカップボードを置くことに決まりました。

リフォーム前のキッチン

最後に、リフォーム前のキッチンです。昔ながらのシステムキッチンだということもあり、収納が重たい開き戸なので、現代的なものに変えたいとのことでした。

換気扇(レンジフード)は、自動洗浄機能がついているクリナップの『洗エール』をご希望です。

リフォーム後の玄関・リビング・お風呂・洗面・キッチン

和室を分けて作ったシューズクロークに、お気に入りの靴をたくさん置ける

リフォーム後の玄関です。先に述べたように、LDKを広く取るために従来の収納棚はなくなっています。

「お花を飾るスペースが欲しい」という奥様のご要望で、壁を少しくり抜いて、飾りスペースを作りました。

こちらが、和室の3帖を分けて作ったシューズクロークです。これまで外の物置に置いていたお気に入りの靴たちも、全部並べて置けるようになりました。

床は拭き掃除がしやすいように、フロアタイルになっています。

クローク内マグネットボード

シューズクロークの壁には部分的に、マグネットボードを設置。シューズクロークには靴のほかに、電動自動車の充電器などを置くそうです。

玄関の収納をなくしたぶん、広くすることができた憩いのリビング

リフォーム後のリビング

リフォーム後のリビングです。向かい側にある玄関収納をなくしたところの壁をくり抜いて、テレビ台をおさめ、くつろぐスペースが広くなりました。

テレビ台の背面にはLIXIL『エコカラット』を設置。こちらも新たに設置した間接照明が、デザインの凹凸を際立たせて、オシャレな雰囲気を出してくれます。

グレー・白でまとめたモダンな新しいお風呂

リフォーム後のお風呂

リフォーム後のシステㇺバスの品名は、TOTO『シンラ』です。色味はグレーや白で、奥様ご希望の「かっこいい感じ」「モダンな感じ」を実現しました。

開閉が危なかった窓も、しっかり交換。上から下に窓が落ちてこない、内倒し開閉タイプの窓になりました。

リフォーム後の浴槽

ハイグレードな『シンラ』を選んだのは浴槽の形状が決め手でした。浴槽内に肘を置けるような段差が気に入られています。 

他にこだわられた機能としては、シャワーの出す・止めるをタッチで操作できる「タッチ水洗」、ボタン1つで床面に除菌水を撒いてくれる「床ワイパー機能」などがあります。

リフォーム後の浴室

サイドの壁はマグネット。写真のように、マグネットでくっつくトレイを置くことができて便利です。

不要な流し台をなくして広く使いやすくなった洗面

リフォーム後の洗面

不要な流し台をなくし、配線を調整して、洗濯機を左の壁寄せにすることができました。

そのぶん、洗面台の幅を広く取ることができ、幅75cmから幅90cmまで広くなっています。品名はTOTO『オクターブ』です。

洗面台上部の吊り戸は、取っ手のようなものがついていて、指をかけると吊り戸そのものがガコンと1段下がってくる仕様です。物の出し入れのために踏み台を持ってくる手間が省けます。

また足元には、体重計収納があります。

キッチン・カップボードはクリナップ『ステディア』で統一

リフォーム後のキッチン

新しいシステムキッチンはクリナップ『ステディア』です。奥様のご希望メーカーでした。「気兼ねなく使いたい」というご要望を、高耐久なセラミック天板が叶えてくれています。

腰壁を除いたので、幅は260cmから270cmまで拡がりました。

水洗は便利なセンサー式(タッチレス)です。また吊り戸はハンドル付きで、吊り戸ごと下げることができます。片側を水切り収納、もう片側を調味料系の収納として使う予定です。

リフォーム後の食卓

食卓の壁には、パナソニック製のマグネット化粧ボードを設置。マグネットボードは最近流行りで、ご希望されるお客様が多いです。 

例えば、郵便がきたらそのまま貼って置くと、後でチェックを忘れなくなるので便利です。

従来のカップボード間の壁を取り設置した、新しいカップボード(キッチンと同じく『ステディア』のスライドパントリー)です。

右側のスライド収納、1番下のステップコンテナは踏み台としても活用できます。高いところの物の出し入れをする時、踏み台を持ってこなくてもOKです。

まとめ

以上、築30年の一戸建ての大規模リフォーム事例でした。

シューズクロークをはじめ、お気に入りの空間がたくさんできました。長く楽しく、お使いいただければ幸いです。

大津市で築30年一戸建てのリフォームを行うならLIXILリフォームショップクサネンにお任せください。

お客さまの声

(奥様より)

カップボードがすごく使いやすくなりました。思ったよりたくさん入るし、人が来た時にスライドドアで中の物を隠せるのでいいです。

シューズクロークも作ってよかったです。これまで主人の物が多いなと思っていたけれども、私の物も結構多かったですね(笑)。

担当者の声

「色味を楽しみたい」というお客様のために、グレーをベースに統一感が出るような組み合わせをご提案できたのが良かったかなと思います。

担当者
プランナー髙間

CONTACT

リフォームのご相談・出張見積りは無料です
お気軽にお問い合わせください
営業エリアマップ

車で30分以内が営業エリアです

滋賀県
  • 草津市
  • 栗東市
  • 大津市瀬田エリア
  • 守山市
  • 湖南市
  • 野洲市(一部)

対応エリア外でも施工可能な場合もございますので、お気軽にお問合せください。

国土交通省が実施している
こどもみらい住宅支援事業をご利用いただけます

こどもみらい住宅支援事業
BACK TO TOP お問い合わせ