介護・バリアフリーリフォームをお考えの方へ

  • 年を重ねて足腰が痛い
  • ケガをしてから段差があるとつらい
  • 車椅子生活をすることになった

など、様々な理由でバリアフリーリフォームを考える方がいらっしゃるかと思います。

  • 今は問題ないけれど、将来のためにバリアフリーにしたい
  • 高齢になってきた両親のために、快適な家にしたい
  • と考える方もいるでしょう。

介護のためのリフォーム、バリアフリーといっても、リフォームをする箇所や費用も様々です。何をどこまでやるのか、しっかりと明確にしてバリアフリーリフォームをしていくことがポイントです。

バリアフリーリフォームをする際のポイント

基本的に、バリアフリーリフォームは人が通るところや使用するところ全てに必要となってきます。廊下や各部屋、お風呂やトイレなど。ひとつひとつポイントをご紹介いたします。

  • お部屋の段差・敷居

    築年数が古いお住まいは、玄関やそれぞれのお部屋の出入り口などに段差があることが多いです。その段差をなくすことで、足をすって歩かなくてはいけない方でも、日々の生活がしやすくなります。
    段差の解消には、敷居をとって床全体をフラットに合わせていく方法や、すりつけ板を設置しスロープを作る方法などがあります。予算に応じた多様な対応ができます。

    お部屋の段差・敷居
  • 階段

    一戸建ての場合は、階段が急で怖い、上るのが大変・・・ということが多いです。こういった場合は、手すりで補助するほか、階段自体のリフォームが必要な場合もあります。

    階段
  • お風呂

    古いタイプのお風呂は、浴槽に入る際の段差が高い場合があります。また、お風呂自体が深いこともあるので、バリアフリーにも対応しているシステムバスをおすすめいたします。
    また、お風呂場だけでなく、洗面所からお風呂にかけての導線も合わせてリフォームすることが多いです。大掛かりなリフォームが難しい場合は、手すりの設置などで対応することも出来ます。

    お風呂
  • トイレ

    必要な箇所に手すりをつけます。
    車椅子の場合は、入り口が狭いと動きが取りにくいので、出来るだけ開口が広くできるような特殊な扉を使用することもあります。

    トイレ
  • 通路・廊下

    必要に応じて手すりをつけます。
    車椅子の場合は、通路の幅の拡張が必要な場合があります。

    通路・廊下
  • 各お部屋の位置

    たとえば、高齢の方や体が不自由な方が普段使用しているお部屋や寝室と、基本的な生活を送るために必要なトイレやお風呂などが同じ階になることが大切です。できるだけ移動距離が少なくて済むように近い位置関係だと、より良いでしょう。

    各お部屋の位置

福祉住環境コーディネーターのスタッフがお手伝いいたします

  • 小野 俊也
  • 春野 智秀
  • 服部 正祥

LIXILリフォームショップには、福祉住環境コーディネーターを取得しているスタッフが3名おりますので、介護のためのリフォームやバリアフリーリフォームでお悩みのことがありましたら、なんでもお気軽にご相談ください。ご予算やご要望に応じたプランをご提案させていただきます。

バリアフリーリフォームのご相談はこちら

バリアフリー施工事例

バリアフリー事例 一覧

ご相談、お見積りはこちらからお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 0120-150-932

受付時間:10:00~17:00 定休日:月曜・祝日・第2日曜

対応エリア

滋賀県
栗東市、草津市、守山市、湖南市(一部)、野洲市(一部)、大津市(瀬田エリア)

滋賀県マップ内のオレンジの範囲が、施工可能地域となります。対応エリア外でも施工可能な場合もございますので、お気軽にお問合せください。

LIXILリフォームショップクサネン
〒520-3015 滋賀県栗東市安養寺8-7-26
電話番号
:0120-150-932
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜日、祝日、第2日曜日、
夏季休暇、年末年始
株式会社クサネン 本社
〒525-0041 滋賀県草津市青地町138番地
お客様専用ダイヤル:0120-417-932
月曜~土曜(日・祝日を除く)9:00~17:00
※携帯電話・PHSからはご利用いただけません
対応エリアマップ